毎日の思ったことやら出来事やら・・・一応外資系企業に勤めるぽんぽんが書く・・・なんだこれ?(笑)   ※嫁とは半別居中


by ponpon4774
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Local Train

世の中のはやりもんてあるだろ?服とかさ、音楽とかさ
ファッション雑誌に掲載され、ヒットチャートを駆け巡り
テレビの言うことはすべて事実で、
そうだな、最近だったらなんだろうな、
仮にここで、えーと、これとこれとこれとか流行りじゃないの?
なんて、書きこんでも来年これを見た俺は
きっとえ?これ流行ってたっけ?とか思うんだろうなぁ。

一つの表現だと、機能性の悪い布に身を包み、
一つの信条だと、音楽を聴き、歌詞にのめり込み、
それがカルチャーだと。
来年の今ぐらいになったら忘れてている、
消費では無く浪費という。

だからと言って時代錯誤は違う
周りがあってこその自分自身というもの。

ありがたい事なのだろう、僕の周りの人たちは、
こういったトレンドに敏感では無い、
自分自身のスタイルに時代を反映させて昇華させている。

同じ環境や、同じ文化で育つことが良いとされるこの国で、
その価値観を柔らかくも強烈に主張する彼らは、
これからも事実では無く真実と向き合って生きるのだろう。





ファンには申し訳ないんだけど、
ちょっと前に某偽物レゲエアーティストのファンの人と
話すことがあって、理解を試みたけれども、
あまりにも文化と言うには乏しい軽い意味合いに
歌詞の意味が全然理解できず挫折してしまって、
やっぱり車は意味もなくデカイ高級?ミニバンが良いよね
とか言ってる人とは一生友達にはなれないんだろうな~
そいや俺の友達ってそういう奴少ないな~とか思って紹介文作りました。


あ、ちなみにこの某アーティストは、確信犯だと思うよ、
じゃないとこんな歌作れないもん。






そいや10日に実家帰りましたが、やっぱりこの場所はいいねー
散歩にいったんだけどね、

うちの家から川へ向かう道中に見える
夕日が本当に綺麗でねえ、
これだけで御飯が15杯いけるよ、ほんと。







ほんで、次の日に今住んでる所の地区の運動会に行ったのよ、
まさかの審判役で、うちの町内会持ち回りでさ、






以外に子供多かったんだよね、
別の町内とか小学生だけで100人ぐらいいたんじゃないかな?
結果はまさかの大惨敗、けつから2位と言う屈辱的な結果ですが、
やっぱり騎馬戦とか俺が出たらダメだと思うよ、うん。

で、終了後の打ち上げで、酒飲みながらね、地域の交流をするわけよ、
そしたらたまたま隣のおじさんが、昔っからここに住んでるひとだってさ、色々教えてもらったんだよ。

・昔は人口も少なかったけど、宅地開発で多くなった
・多くなったから小学校が4つにわかれた
・それにより校区もわかれて、地域で持ってる利権もおかしくなった
 ※共同の防火池とか、祭りの神輿とか
・増えたといっても時間がたてば地域に人口格差が出来ていろんな事柄がいびつになってる
・新しく越してきた人はそれを知らないし、知ろうとも思わない
・でもそれは当然だと思うし、自分らのように地域に貢献してくれる人がいる。
※実際僕以外最近引っ越して来た家族が3家族いた
・子供も昔と比べると減ったけど、今また町内で未就学の子供がたくさん増えた
・子供は地域の宝だ、ぐれた子供でも、親もその親も知っているから助けになりたい
・そんなこんなで昔からの人と新しく越してきた人と良い地域が築ければいい


なんて話を聞いたんだけど、本当にそうだよね、
こうやって歴史は紡がれていくわけでさ、
良い時もあればそうでない時もあるかもしれないけれども、
こういう社会が一番いいんだよね。
これが日本を強くしてきた秘訣なんじゃないかな?って最近よく思うのね、
いろんな人がいるし、色んな考えもあるだろうし、それをまとめるのが、
その土地だったり、なんだったりで。
なんとか自分の生まれ故郷とかそんな大きな範囲で無くていいから、
こんな感じでうまく機能させたいな~などと思う今日この頃でした。



15杯はいける夕日は伝えて行かなくちゃならない。

ともあれ、そういったことが必要なんだと思う今日この頃。
[PR]
by ponpon4774 | 2009-10-12 15:23 | つれづれ

とっておきの店

誰にでもとっておきの店はある

お酒を出す店かもしれない、おいしいコーヒーが出るお店かもしれない。
もしかしたらかわいい女の子がいるお店かもしれない。


そんなお店で友人、恋人、同僚、部下、上司と語らうのかもしれない。
気心の知れた人、いつも見慣れた、普段は座れない椅子に座って。

時間の経つのも忘れて

僕にもある、タンカレーのウォッカを一本開けたのもここ
女友達とずーと日本酒を呑んでたとのもここ
背伸びして女の子をつれていったのもここ
友達が、「次の一杯は養命酒で」と、苦そうに呑んだのもここ
4人で不平不満をぶちまけ会ったのもここ
死んだ友達の為に呑んだのもここ


良い音楽がかかって、おちつく店、
煙草はマッチですらないと気が済む無くなる店


そんなお店に大事だけど連れて行ってない人がいて、
大事なのに1回きりで釣れてい行くのを辞めた人がいて。
あぁ、人間の会う合わないってのはすごいものだなと思う。
[PR]
by ponpon4774 | 2009-10-03 22:32 | おさけ