毎日の思ったことやら出来事やら・・・一応外資系企業に勤めるぽんぽんが書く・・・なんだこれ?(笑)   ※嫁とは半別居中


by ponpon4774
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

事戯

みんなのあこがれのような存在だった、
誰にも差別なく振る舞い、話を聞いてあげ、
飾り気の無い言葉で喋る彼女を見るたびに、
若かった僕らは、少しだけ年の離れた彼女を
眩しく思い、そしてそのまま幸せな人生を過ごすんだろうと思った。

少し時間がたつと飲み友達になった、
ある期間みんなから疎遠になっていた時期があったのだが、、
何の拍子かわからないが、連絡を取り合うように、そんな関係になっていた。
お互いの気が向いたら一緒に飲み、楽しく話をし、悩みを打ち明け、近況を語る
夜が明ける少し前に、お別れをする。

「また今度ね」

この言葉が、嘘では無く次も間違いなくあると、
安心させてくれる、当時の僕からしたら、
なんだか凄くうれしい存在だった。

そんな彼女も遠くに行ってしまい、
たまに連絡をとる程度になっていた、

「また今度ね」

は、嘘では無いと確信めいたものをもっていたが、
お互いの距離や、お互いの生活が邪魔をしているのではなく
踏ん切りをつかせない存在になっていた。

気になっている事がいくつかあったが、
彼女は決断をし、ちょっと遠くにいってしまったなー
と、自分ながらに考えていた。
そして僕も、相変わらずの性格で、ずるずると
時間を過ごし、目的が定まらないので、
仕事に没頭するようになっていた。

4月の初旬だと思う、
彼女がわざわざこちらまで来てくれるという、
引き継ぎやら、通常の業務やらで忙しかった僕は、
多分うれしくて、何もかも早じまいして、その日は
体は会社のデスクにいるのに、何もかもがすべて上の空だった、

会社から待ち合わせの時間少し前に出発し
メールで先に伝えた、場所で待つ
吸ったたばこはおそらく10本ぐらいだろうか

メールがあった今駅についたと。

駅からそう遠くないこの場所は
昼間なら多分駅から出た瞬間彼女を見つけることができただろう
しかし街灯も少ないこの場所では、彼女の姿は見えず
今か今かと、背伸びしたり、車のヘッドライトに照らされた
歩道を、ずーと見ていた。

電話があり、たぶん待ち合わせの場所ぐらいに来てると、
話を聞くと反対側の歩道に彼女の姿があった。
久しぶりのありきたりな会話を行った後に、
行きつけの居酒屋に入る

いつもの調子で天真爛漫な明るさの彼女は
おいしそうにビールを飲み、楽しそうに僕の話を聞いてくれた
ちょうどその時、僕の生活の中で決心していたことがあり
その話が中心だったんだが、やがて会話は変わっていき
最近の彼女の近況になる。

話の内容は、実はよく覚えていない、
覚えているのは、どうとらえていいのか解らない
彼女の口調を見て、どうやって返事をすればいいのかな?と
考えている自分自身の事だった。

結局自分の結論は出せないまま、
その日が明け、事実だけが残った。

生きてきた中で、こんなにおかしな気分にさせられたのは、
今のところ、この少しの間しかない。

しばらくの間奇妙なやり取りが続いた、
方向性は見えてるはずなのに、なぜかお互いが結論が出せない

いや、彼女は結論は出ていたのかもしれない、
ただ、僕自身が環境の変化と、
それについて行けない自分自身の情けなさで
うまく物事を運べなくなってしまった。

6月に、自分自身の為に確認をした。

それでも、結論は出なかった、
いや、出せなかったんだと思う。
いろんな思いが出た、上記に書いたことや、
自分の今の環境の事等々、その中でも彼女の本心がどうなのかが
一番不安だった、背中をもしかしたら、押して欲しかったのかもしれない、
いつもの彼女なら、押してくれたのかもしれないが、
この時期の彼女も、また不安をたくさん抱え込んでいたのかもしれない、
結局、いたずらに貴重な時間を浪費してしまったような気がしてしまった。

ただ、少し先の未来の話は、妙に納得してしまい、
やたら安心して眠れ、気がついたら、次の日だった。

それから毎日とはいかないけれど、
平等に与えられた時間の中で、その事ばかりを考えるようになった、
相手もそうだったかもしれないが、少し恨んだりもした。
でも、考えるだけで、行動には移すことが出来なかった。

8月に確認できるチャンスがあった、
自分でもびっくりしたが、そんな勇気も元気も
自分自身に微塵も無く、驚いてしまった。
おそらく人生最大に弱ってしまっていたのだと思う。
自分自身で情けないな~と、今でも思う時があったが、
多分少し大人になった自分が、あの時に戻れても
無理だったんだろうなと、出来もしないことを考えてしまう自分に苦笑する。

12月が最後だった、その時の環境は最低最悪だった、
まったくもって驚いたが、1年もたたない間に、
自分と言う細胞が、すべて入れ替わったんじゃないのか?と思うぐらいだった。
そこで、結論が出た、唐突に話はあったのだが、
なんとなく受け入れなきゃいけないんだな~と感じ、
時間は残酷だなと思った。

思えば妙に安心感があったのかもしれない、
いや、逆か、不安で不安で仕方なかったのか。

それから、かなりの時間が過ぎた、
お互いの環境も大きく変わったし、
年をとると、わけのわからない素直になれない
社会性が出てしまい、営利性ばかりを考えるようになる。

今話す事があれば、おかれている環境が環境なので、
言葉を選んでしまうけど、
聞いてみたいことは、聞いてみたいなと思う。

そしてこれからの事を、変な意味では無くもう一度ゆっくり話してみたい。
どうにかしたいとか、そういったもんじゃなくてね。
まぁ、迷惑な話なんだろうけど、
きっと年をもっと重ねたりすると、いつか笑い話で語れるのかな


今日は、ゆっくりとした休日だったので、
こんな事を想像してみた。
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-29 16:57 | れんあい

たぶんなんだけど、

血のつながりを超えた家族ってのを

作りたいと思うんだよね


協力してくれ
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-28 22:58 | つれづれ
・本を死ぬほど読みたい
・景色を死ぬほど体で感じたい
・ゆっくり誰かとしゃべりたい
・満点の星空をみたい
・人がどうやったら助かるのか
・ここでは書ききれない
・映画を部屋でゆっくりみたい
・手をつなぎたい



思いが次々と



共有できぬ

できぬと思う自分がいる

声でもかけてくれるか

疑心暗鬼になれば、人は答えぬ
答えないのであれば、
待っているときも必要だろう



できぬのなら、何かに昇華せねば、

腐る、せっかくの大事な思いが
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-26 22:26 | つれづれ

携帯電話

土曜日に携帯電話が壊れました。

大事に取ってたメールや、画像が、復旧できないそうで、
たとえばどちらもデジタルの羅列に過ぎないけれども、
大事なものは大事なんだよな。
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-23 21:28 | つれづれ

今更ながらに

解ったことがあるんだけど、
やらなければ行けないことが解りました。


あー




そうなのか



思い出には浸れない、
浸れないなら、浸るものを作りださなければ
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-19 23:18 | つれづれ

最近妙な

夢を見る、


今日も昼寝中に、この世のものとは思わない声を聞いて目を覚ました。


この前も夢で、とんでもない夢を見てしまった、
あっていいのか、そうでないのか全然解らないけれども、
そんな人の夢をみた。


ゆいのお見舞いに行った時もそうだ、

全然思ってない事が自分の口から出てくる

心の奥底までえぐりだそうとはこれっぽっちも思ってない



まともな手順が踏めないほど思考や行動が
感覚的、且つ直感的になっている



透けて見えるのは、
きっと良くない事だろう
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-15 23:15 | つれづれ
(*´∀`*)夏が終わったね・・・・



_| ̄|○日本の夏、努裸獲聞の夏が。。。


さて、みなさん8月7日は某努○獲聞フェスにご参加頂きまして誠にありがとうご
ざいます
今年はなんと

大人48人高校生5人小学生2人小学生以下7人
の総参加人数合計62人と過去最大規模となりました

また、次の日の朝まで居たメンバーは20数名となんともいえない会に(汗)
数はともかくとしてみんな楽しんでくれたかな?
愛と勇気だけのアンコ宣言のGETも大事だったけど、
裏のテーマ努力友情勝利の三つ証を忘れものしてないかな?
忘れちゃって胸のときめきとか持ち帰った人
まぁ、それはそれwww、来年まで続いてたら、愛の結晶とともに参加してく
れたらいいし、、
来年までに無くなってたら、また三つの証を取りに来てくれい(笑)

家族連れのみんな、子どもの夏休みの思い出を飾ってあげたかな?
「つまんなかった~」と、子どもに言われたそこの君
それは俺らのせいじゃない、君の努力が足らなかったんだw
今年もおしくも散ってしまった男子、女の子のアドレスだけは絶対に教えないか
らなw
逆は俺が悔しくなるから、これも教えないからな(つд`)

まぁ、しかし今年もこの会でいろんな事があったよね
お昼の部はゆぴおの鳥の丸焼きや、スイカ割り、思い思いに海で遊ぶみんな
まったーりとした雰囲気で時間は流れていき

夜の部は・・・・、とても書けない・・・
死人が出なかったのを本当に、心から感謝します

さて、この会もおかげさまで8年目、無事に閉幕できた事と、
準備をしてくれた幹事のみなさん、関係ないのに巻き込まれて前日ほぼ徹夜な
彼、
各々自分で出来ることを提供してくれた半分スタッフみたいなみんな
笑顔で頭の悪そうな主義主張を持ってきてくれた参加者のみんな
そして来たくても来れず、いっぱい励ましのメールや、協賛品の提供をしてくれ
たみんな
本当にありがとうございました。
世の中にはいろんな目的の集まりやさ、行事がたくさんあって、本当に目移りす
ると思うんだよ、
それなのに、夏の貴重な休みをさ、ここにいる人との時間の共有、来てくれた人
を受け入れるってだけのアホみたいなスタンスのな会に時間をつぎ込んでくれて
本当にありがとう
いつまで続くのかわかんないけど、来年も、再来年も仲間が増えてみんなで再開
できればいいなーと、思った夏休み最後の日でした


じゃぁ、夏は前半終わっちゃったけど、今年楽しかった~
って、思ってくれたら、来年も友達誘ってきてね~
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-11 17:09 | つれづれ

宝伝祭りが

(*´∀`*)今年も始まるな~!
本当に楽しみでしかたない


体力温存しとかなきゃ
[PR]
by ponpon4774 | 2010-08-04 22:58 | つれづれ